聖学院大学 小学校英語指導者養成講座ブログ
  今年で14回目を迎える聖学院大学小学校英語指導者養成講座の公式ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[
スポンサー広告 ]
| --/--/-- --:--| |
今年度の小学校英語指導者養成講座、無事終了しました!
12月20日(土)寒い雨の日でしたが、今年度三回目の講座を開催いたしました。
学期末のお忙しい時期にもかかわらず50名のご参加がありました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

次期学習指導要領で中学年での外国語活動の導入が検討されている中、今回の講座では低学年・中学年の英語活動について考えるワークショップを行いました。聖学院大学附属みどり幼稚園で英語のレッスンを担当しているアリダ・クラウス先生は低学年向けの歌や絵本を使った活動をたくさん紹介してくださいました。アンケートでも、「クラウス先生が紹介してくれた活動を三学期に早速使ってみたい」という感想がたくさんありました。「実際の授業を見学したい」というご希望も何件かいただいていますので、聖学院小学校や聖学院幼稚園、みどり幼稚園での授業見学について今後検討したいと考えています。

実践報告では、これまで先進校での取り組みをたくさんご紹介してきましたが、今回は若手教員からの実践報告でした。福島先生の報告は、英語活動が好きだけどなかなか学校内では協力者が得られない…と悩んでいる先生方の励みになったことと思います。来年度の講座でも様々な状況の中で英語活動に奮闘している先生方の実践報告を企画したいと考えています。

 来年度の講座は4/25, 7/18, 12/19(いずれも土曜日午後開催)を予定しています。
先生方のニーズにお応えできる講座を来年もお届けできるよう、スタッフ一同、年明けから準備に取りかかります。過去受講してくださった皆さんには、4月上旬にご案内をお送りいたします。

 一年間、小学校英語指導者養成講座を支えてくださった受講者の皆さん、本当にありがとうございました。また、来年本学キャンパスでお会いできることを楽しみにしております。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
[ 講座ご報告 ]
| 2014/12/22 19:03| |
明日、講座③を開催します
学期末でお忙しい毎日をお過ごしのことと思います。
明日、聖学院大学エルピスホールにて今年最後の小学校英語指導者養成講座を行います。
あいにく、雨の予報が出ています…
温かくしてお出かけください。
講座が始まれば、きっと心も体も温かくなると思います♫

明日は入試日ですので、キャンパス内への立ち入りがいつもより少し厳しくなります。
送付した受講票では「グランド側の北門1からお入りください」とご案内しましたが、学内で調整した結果、正門からお入りいただけるようになりました。
バス停前と正門で養成講座のチラシを持った学生が会場をご案内いたします。

昨日、クラウス先生のハンドアウトを印刷しましたが、なんだかとっても楽しそうなワークショップのようですよ
是非、ご期待ください

クリスマスシーズンですね。
大学キャンパスのヒマラヤ杉のイルミネーションがきれいです
養成講座からお帰りの時間にはライトが点灯していますので、どうぞお楽しみください

今週はゼミでジンジャーブレッドマンを作りました。
作ったクッキーは今年お世話になった方にプレゼントすることになっています。
小さなジンジャーブレッドマンがたくさんの人に大きな幸せを届けてくれることを祈っています
ジンジャーブレッド1 ジンジャーブレッド2 ジンジャーブレッド3

[ 講座のご案内 ]
テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育
| 2014/12/19 09:32| |
養成講座申込締め切りは12/16です!
12/20(土)に今年度最後の小学校英語指導者養成講座を開催いたします。

週末、実践報告をしてくださる福島先生が来学し、発表の打ち合わせをしました。
福島先生は本学の卒業生で小学校教師3年目です。
昨年1年間、福島先生ともう1人の卒業生と3人で外国語活動の授業改善を目指し「教師の成長プロジェクト」を立ち上げました。
リフレクティブ・プラクティスと言う教員研修の手法を取り入れ、授業日記の記録、年4回の授業研究、そしてそのビデオ分析やインタビューを通して、省察(reflection)を繰り返しながら、指導技術を高めていきました。
実践報告では、昨年度のプロジェクトの成果を発表してくださると同時に、学級経営に苦しみながら取り組んできた今年度の外国語活動についても報告してくださいます。

講座では、グループワークを取り入れながら、受講者の皆さんと一緒に日頃の実践を振り返りたいと思います。
うまくいったことやいかなかったことをお互いシェアしながら、今年1年の実践を省察できる会になればと願っています。

また、教材展示販売には、オックスフォード大学出版局、教育出版、ピアソン・ジャパン、ミカサブックセンター、mpiの5社がご出展くださいます。
明日、12/16(火)まで申込を受け付けています。
[ 講座のご案内 ]
テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育
| 2014/12/15 09:25| |
大学生も体験学習!
巷ではクリスマス・シーズン到来ですが、今回は欧米文化学科での秋・冬の体験学習について少しお話したいと思います。
ヨーロッパやアメリカでは夏が終わると楽しい行事が続きます。
学科でも、欧米文化を学ぶ大学生のために「体験」を重視した活動を取り入れています。

10月には毎年、学科の1年生と教員がハロウィーンのjack-o-lantern 作り 
基礎ゼミの授業でハロウィーンの由来についてのレクチャー後、グループに分かれてかぼちゃ彫りをします。
出来上がったjack-o-lantern は学内に飾られます。
ゼミではtrick-or-treating を体験。事前に学科のアメリカ人の先生方4名にお願いしておき、ゼミ生が仮装して研究室を訪問します。
大学生になってもお菓子をもらうのは楽しいね!と学生たちは大喜びでした。
1 Halloween 2 Halloween
11月のThanksgiving Day(感謝祭)はアメリカやカナダだけのイベントなので、日本ではハロウィーンほど知名度が高くないようです。
ゼミではThanksgiving の由来について、絵本や紙芝居で紹介します。
今年はジョージア州からの交換留学生が来ているので、研究室でThanksgiving パーティーをしました。
(学科facebook で動画がご覧いただけます)
3 Thanksgiving 4 Thanksgiving
そして、クリスマス
11月末にはキャンパスのヒマラヤ杉のイルミネーション点火祭が行われます。
学科では、学生たちと研究棟のクリスマスツリーの飾りつけ。
作業の後のお楽しみは、ヨーロッパ各国のクリスマスのお菓子を食べながらのお茶会です。
そして、来週のゼミではジンジャーブレッドマン作りを体験します。
作ったクッキーは感謝の気持ちを込めてお世話になった方々に送ります。
5 クリスマス菓子 6 クリスマスツリー

秋から冬へ季節の移り変わりを感じながら、大学生も体験学習を通して欧米の文化を楽しんでいます。
[ 大学イベント紹介 ]
テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育
| 2014/12/15 09:10| |
校内研修について
7月19日に開催した小学校英語指導者養成講座からあっと言う間に1ヶ月が過ぎてしまいました。ご参加くださった皆さんへのお礼が大変遅くなり、失礼いたしました。
今回は57名の先生方が受講してくださいました。暑い中のご参加、ありがとうございました。
アンケートでいただいた質問の回答も遅くなりましたが、まずは教員研修についての質問にお答えします。

Q. 校内で教員研修をする際にどのような柱立てで行ったらよいのか教えていただきたいです(特に英語を苦手とする先生に)

A. ベネッセの調査では、小学校の先生方が希望する研修内容の上位に指導法やクラスルーム・イングリッシュが占めています。
先月の講座②での「学級担任のための英語クリニック」をそのまま使っていただいてもいいと思います。配布資料に引用文献を明記すれば、講座での配布資料を校内で配布していただいても構いません。ALTの先生がご参加くださるのであれば、クラスルーム・イングリッシュのモデル・リーディングをしていただいたらいかがでしょうか。

英語が苦手な先生が多い学校での研修であれば、簡単な歌や絵本の導入の仕方を紹介すれば、先生方が学習者として歌や絵本から英語を勉強することで、英語への苦手意識が少し減るのではないでしょうか。また、講座の中でもご紹介しましたが、教員研修でのチャンツ活用の効果は研究でも実証されています。英語のリズムやイントネーションに慣れていくために、まずは校内研修でチャンツを紹介するのも効果的だと思います。

現段階では高学年のみで外国語活動を実践している学校も多いかと思われます。校内研修で、Hi, friends! の活動を実際にやってみるのもいいでしょう。外国語活動になじみのない先生方には5,6年生がやっている活動を体験することで、外国語活動に興味を持つことができるでしょう。Hi, friends!の単元を取り上げて、グループワークで活動内容を考える研修も楽しいと思います。

先生方が外国語活動に慣れてきたら、是非研究授業を計画してください。私が5年以上うかがっている小学校では、年間3回の研究授業を毎年行っています。低中高の部会ごとに授業者を決めて、部会ごとに授業の準備をします。校内研修会で授業をすることで先生方は指導力を高めていきます。無理をせず、それでいて消極的な先生方を引き込んでいけるような研修になるよう、頑張ってください!

[ 講座ご報告 ]
| 2014/08/18 10:54| |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。